ニュース&イベント

Kaizen吉田スクールのニュース・活動及びお役立ち日本情報

ニュース

ESU149、ESU150、ESU151 とDN17クラスを開講しました。

21/08/2015 10:14 (GMT+7)

2015年8月17日、入学試験見事に合格した90人の新入社員たちはEsuhai-Kaizen吉田スクールの開講式に参加しました。

開講式でEsuhai-Kaizen吉田スクールのスタッフは学生の日本技能実習制度に参加する目的、願望をより把握できるために、学生とのヒアリングと交流をしました。


人材開発部部長は新入生達へEsuhai-Kaizen吉田スクールの目標と送出方針を説明しました。

チュオン・ティ・ガーさんは「ドンナイ県は日系企業をはじめ、海外投資をますます増えています。日本技能実習制度に参加して、3年実習期間満了後ドンナイ県にある日系企業に就職したいです。」と話しました。

グエン・キエウ・チャンさんは「ベトナムで日系企業で働いたことがあります。しかし、言葉の壁にぶつかりました。日本語能力を向上し、今後のキャリアアップしたいです」。と話しました。

次に、Kaizen吉田スクール副校長は教育のプログラム、勉強時間、規則などを説明しました。「ベトナムにいる時から学生が日本語と日本の文化に慣れるようにカリキュラム、勉強環境を工夫しているので、多く吸収できるように勉強を励んでほしい」と伝えました。


法務部スタッフは教育契約の手続きを案内しました(下記写真)。


開講式で技能実習性として日本へ働きに行く気合入った新入生たち(下記写真)。


Esu 149


Esu 150


Esu 151


ĐN 17

Esuhai – Kaizen吉田スクールは新入社員たちが勉強のいい結果を出し、早く日本に行くチャンスを捕まれることを祈っています。